中国電力健康保険組合ホームページ
健康保険組合のご案内
人生のできごとで検索
病気やけがをしたときの検索
申請書・届出一覧
健康づくり事業
介護保険について
健康保険エキスパート検索
個人情報保護の取組み
お役立ちリンク集
HOME
 
交通事故によるけがの治療
 

 交通事故に巻き込まれた場合など,第三者の行為が原因によるけがや病気の治療費は,全額加害者が負担することになっています。
 しかし,事故直後に救急車で病院に運び込まれ,取り急ぎ治療を要するなど,やむを得ない場合に限り,当面必要な医療費は健保組合が一時的に立て替えてもよいことになっています。
 ただし,健康保険で治療を受けた場合,健保組合が後日相手に対し,治療に要した費用の全額を請求することになりますので,以下の書類に必要事項を記入して,すみやかに健保組合に提出してください。

 

 第三者行為傷病届等の確実な提出を支援するため,交通事故の場合に限り,一部の任意保険会社および共済団体等が傷病届等の作成・提出を行っております。
 交通事故発生時には任意保険会社等に確認のうえ,届出手続きを行ってくださいますようお願いします。
 なお,当健康保険組合においては,保険会社等がサポートする届出書のほかに,「誓約書」を提出いただく必要がございますので,当健康保険組合へ遅滞なく連絡くださいますようお願いします。

 

第三者の行為による傷病届(その1)(その2) 交通事故 
事故発生状況報告書 
念書 
誓約書 

 自動車事故の場合は,事故証明書が必要です。
 (入手方法は,自動車事故が発生した都道府県の「自動車安全運転センター」へお問い合わせください。)

 

相手方との示談の際は,必ず事前に健保組合にご連絡ください。

 
交通事故にあったら……
 

(1)できるだけ冷静に
 事故に巻き込まれた直後は,ショックで冷静な判断力を失うことがあります。できるだけ冷静に対処してください。
(2)加害者を確認
 加害者を確認するには,車のナンバー・運転免許証・車検証の確認をしてください。
(3)警察へ連絡
 どんなに小さな事故でも,警察への連絡を忘れてはなりません。交通 事故証明も警察の実況検分を経ないと取得できません。
(4)示談は慎重に
 自動車事故には後遺障害の危険がありますから,示談は慎重を期して行ってください。必ず事前に健保組合へご連絡ください。

交通事故以外によるけがや病気の治療
 

 けんかや他人の飼い犬に咬まれた場合など,第三者の行為および第三者の所有物などが原因による病気やけがの治療費は,原則として全額を相手が負担することになっています。
 しかし,取り急ぎ治療を要するなど,やむを得ない場合に限り,当面必要な治療費は健保組合が立て替えてもよいことになっています。
 ただし,健康保険で治療を受けた場合,健保組合が後日相手に対し,治療に要した費用を請求することになりますので,以下の書類に必要事項を記入して,すみやかに健保組合に提出してください。

 

第三者の行為による傷病届(その1)(その2) 交通事故以外 
念書 
誓約書 

 

相手方との示談の際は,必ず事前に健保組合にご連絡ください。

「傷病原因の調査」へのご協力のお願い

 健保組合では,「第三者の行為による傷病届」が提出された部分の医療費については,その第三者に対して損害賠償の請求を行っていますが,この届出がない場合,健保組合が負担すべきものではない医療費を負担することになります。
 当健保組合が負担している医療費の中には,届出がされていない第三者の行為によるけがや病気などの医療費が少なからずあると思われます。
 そこで,健保組合の財政をより健全化するため,毎月医療機関から届く医療費の請求書に記載されている傷病名のうち,骨折・外傷および食中毒などで,かつ診療内容から第三者の行為による傷病の可能性のある方に対して「傷病原因の調査」を実施しています。
 照会の文書を受取られた、またはお問い合わせを受けられた方は,調査の趣旨をご理解いただき,ご協力をお願いします。