中国電力健康保険組合ホームページ
健康保険組合のご案内
人生のできごとで検索
病気やけがをしたときの検索
申請書・届出一覧
健康づくり事業
介護保険について
健康保険エキスパート検索
個人情報保護の取組み
お役立ちリンク集
HOME
 
健康保険組合の仕事その(1)―保健給付
 

健康保険組合は「保険給付」と「保健事業」という二つの仕事をしています。

 
保険給付 当サイト内で詳細をご説明しています
 

 健康保険では,被保険者とそのご家族(被扶養者)が仕事以外のことで病気にかかったり,けがをした際の医療費を負担したり,出産をした場合,および死亡した場合に給付金の支給を行います。これらを総称して「保険給付」といい,保険給付は健康保険の生まれた直接の目的である大切な仕事です。

 

●現物給付と現金給付

 保険給付を行う方法には,以下の二つの方法があります。

(1)

病気やけがをした場合に,これを治すために医療そのものを給付する。

(2)

治療にかかった費用を給付する。

健康保険では(1)を現物給付,(2)を現金給付と呼びます。

 
●法定給付と付加給付

 健康保険法で定められている給付が法定給付です。全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)でも健康保険組合でも共通 して支給されるものです。
この法定給付に対して,付加給付とはそれぞれの健康保険組合が独自に行う給付で,健康保険組合加入のメリットともいえます。法定給付に上積みされます。

 
●現金給付の支払い方法

みなさんへの給付金(現金給付)は,機械処理により以下の方法で支払われます。

対象者

支払い方法

中国電力(株)の被保険者

 給与支払い時に,給与に含めて支払われます。

その他の方
(任意継続被保険者を含む)

 指定された金融機関口座に直接振り込まれます。
 なお,金融機関口座をあらかじめ指定しておくには「給付金銀行振込依頼書」の提出が必要です。