中国電力健康保険組合ホームページ
健康保険組合のご案内
人生のできごとで検索
病気やけがをしたときの検索
申請書・届出一覧
健康づくり事業
介護保険について
健康保険エキスパート検索
個人情報保護の取組み
お役立ちリンク集
HOME
 
大腸がん郵送検査の概要
 

検査の種類

 

 大腸がん検診(ヘモグロビン・トランスフェリン同時測定)

 

対象者

 

 年度年齢35歳以上の中電健保加入者(被保険者・被扶養者)のうち,次の@からBの条件にすべて当てはまる方が対象です。

 

申込可能な条件

説明

@

人間ドック(一般検査A・B)に申し込まれていない方

中電健保が募集する人間ドック(一般検査AまたはB)に申込まれていない方を対象とします。

A

事業主が実施する健康診断に大腸がんの検出を目的とした「便検査または便潜血検査」が含まれていない方(被保険者)

被保険者の方で,事業主が実施する健康診断の項目に本事業と同様の検査が含まれる場合は,事業主の健康診断において便検査を受けてください。

B

4月1日時点で,中電健保の資格がある方

年度途中の退職(資格喪失)予定の有無にかかわらず申込みが可能です。ただし,4月2日以降に中電健保の資格を取得した方は,当該年度の申込はできません。


検査機関

 

 メスプ細胞検査研究所(京都府登録衛生検査所第38号)
 〒604-0827 京都市中京区高倉通二条下ル瓦町550(メスプビル内)
 [ 連絡先:075(231)2230 ]


申込方法

 

 「大腸がん郵送検査申込書」に必要事項を記入し,令和3年2月28日(日)までに検査機関へFAXまたは郵送してください。

(郵送方法)

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。


 

検査器具受取りから受診結果通知までの流れ

 

(1)検査器具の受取り
申込みをしてから数週間以内に,申込書に記入した住所宛てに検査キット(検査器具,採取の説明書,返信封筒,問診票,振込用紙)が届きます。

(2)検体の採取
説明書に従い2日分の便を採取します。

(3)検体の返送
検体(検査器具)および問診票を返信封筒に入れ,郵便ポストに投函してください。なお,検体返送にあたっての切手は不要です。
[注意事項]
検査キットを受領した日の翌月末日までに検体を返送してください。
期限を過ぎると,検査に要する費用を全額お支払いただく場合があります。

(4)検査結果の受取り
検体提出後,2週間以内に検査結果が届きます。検査結果が陽性(要精密検査)の場合は,医師による紹介状を無料で作成することも可能です。
詳しくは,検査機関であるメスプ細胞検査研究所までお問い合わせください。


 

検査費用(自己負担金)

 

 1人あたり500円

 検査キットに振込用紙が同封されますので,検査キットを受領した日の翌月末日までに最寄りのコンビニエンスストアまたは郵便局でお支払ください。

 
 

注意事項

 

 本事業はスクリーニング検査(一次検査)であり,検査結果や病名を診断するものではありません。検査結果が陽性(要精密検査)であった場合や陰性(異常なし)であっても自覚症状や気になることがある場合は,速やかに医療機関を受診してください。